【お財布に優しい格安板金塗装します!】

▼修理前

黒石市のお客様でトヨタ・bBの板金修理のご依頼です。
コンクリートに擦ってしまったようです。自腹のため板金で修理しました。

当社はお客様と何度も修理内容を打ち合わせし、お客様のご希望に最善を尽くします!

修理内容
左リアドア傷・ヘコミ・・・板金塗装
サイドシル傷・ヘコミ・・・板金塗装

▼近くから見るとこんな感じです(^_^;)

板金は、最初に凹みやキズの部分の塗膜を削り落とします。
その次に、5円玉のようなワッシャーをスタット溶接して引きだします。
引き出すときの力加減は重要なので丁寧に慎重に作業します。

▼次に粘土のようなパテを盛り付けます。

パテは時間が経てば、自然に乾燥しますが、時間短縮のため熱をかける場合もあります。
パテが乾いたら、研磨して平らに整えます。

次にサフェーサー(中塗り塗装)の塗布します。
サフェーサー塗布前には、鈑金した周辺部を細かいサンドペーパーで研磨する※「足付け」や余計なところまで塗装しないように、マスキングをします。

※「足付け」とは、
上塗り塗装や中塗り(サフェーサー)や、パテを盛る前に、周辺の塗膜を細かいサンドペーパーでキズを付ける事です。
これをしないと、後から、パリパリ塗膜が剥がれるなどの不具合が出てしまいます。

▼サフェーサーを塗布した状態。

サフェーサーには以下の目的があります。
1.目の粗いパテの上に、直接上塗り塗装をすると、吸い込みがあるので、パテの跡が出てしまいます。それを防ぐため。
2.パテ整形時についた粗いサンドペーパーのキズを埋めるため。
3.防水・防錆

次に上塗り塗装を行います。
同じ色を再現するため、塗料の調色をおこないます。
車のカラーコードからその色の調合を調べ、調色カードで色合わせします。

▼塗料が掛かってはいけない部分はビニール等で覆いマスキングします。

調色した色を一度にべったりと塗装せずに、数回にわけて塗装します。
最初はパラパラ塗装することで、ハジキなどを防ぎます。
サフェーサーの色がきちんと隠蔽されたことを確認して、ムラがないことを確認して、慎重に塗装していきます。

▼ベースカラー塗装のあとに、透明なクリアの塗装をします。

塗装が乾いたら、コンパウンド等で磨き、艶が出たら完成です!

▼綺麗に仕上がりました。

洗車と車内清掃を終えたらお引渡しです。

お客様も、綺麗に仕上がった車を見て嬉しそうにお帰りになられました。
くれぐれも運転にはお気を付け下さいね。

この度はご入庫いただき誠にありがとうございました!
車検や車の整備も行っていますので、またいつでもお気軽にご来店・ご相談ください!

◆ 修理事例一覧はこちら!

◆ お客様の声は、こちら!

◆ 当店までのアクセス(地図)、メールでのお問合せは、こちら! 

お見積もりは無料!無料代車もあります!
お気軽に0172-52-8135までご連絡ください。