【技術力・格安鈑金塗装で満足いただける仕上がり!】

▼修理箇所

黒石市のお客様よりスバル・インプレッサ修理のご依頼です。

カーポートにぶつけてしまったそうで、今回で同じ所を3回目の修理になります。

修理内容
リアバンパ・・・修理

▼修理前の状態です。

前回修理した際のパテ(下地)が割れてしまっていたので、一度剥いでからパテを塗ります。

バンパーを取り外し、傷の部分の状態を見ながら塗膜をサンダーで削り、さらに目の細かいペーパーで削ります。
塗膜の段差がのこったままパテを付けると、パテが痩せ(溶剤が蒸発して収縮する)修理の1か月後などに段差が出て、修理した跡がでてしまいます。
それを防ぐために、段差を滑らかにしパテを塗っていきます。
乾燥したら、表面が滑らかになるように削ります。

▼パテを塗った状態

次にサフェーサー(中塗り塗装)塗布します。

サフェーサーを塗布することで、パテが上塗り塗料を吸い込むことを防ぎ、上塗り塗装面を滑らかに仕上げることが出来ます。
乾燥したら、塗膜の密着性を高める為に細かいキズを施す「足づけ」作業を行います。
ツルっとした平面に細かい傷をつけることによって、塗料の付着する面積が大きくなり、密着性が高まります。

▼サフェーサーを塗布したところ

次に上塗り塗装を行います。

調色した塗料をスプレーガンという器具にいれて上塗り塗装します。
一度にべったりと塗装せずに、数回に分けて塗装します。
最初はパラパラ塗装することで、ハジキなどを防ぎます。
サフェーサーの色をきちんと隠し、またムラが出ないように慎重に塗装していきます。

調色とは・・・同じ色を再現するため車のカラーコードからその色の調合を調べ、調色カードで色合わせを行うこと。

綺麗に修理したパンパーを取りつけ車内清掃洗車を済ませ完成です!

▼綺麗に仕上がりました。

お客様も仕上がりに満足して帰られました!

※こちらのお客様の修理の感想はコチラ!

本日はご入庫いただき誠にありがとうございました!
車検や車の整備も行っていますので、またいつでもお気軽にご来店・ご相談ください!

◆ 修理事例一覧はこちら!

◆ お客様の声は、こちら!

◆ 当店までのアクセス(地図)、メールでのお問合せは、こちら! 

お見積もりは無料!無料代車もあります!
お気軽に0172-52-8135までご連絡ください。